「管理」してもらえる学校

a people are discussing

予備校は、社会に出るための学力をつけるための学校ではありません。そこは文字通り「予備」つまり準備をするための学校です。
大学の入学試験を受けるための準備をすることになります。
単純に授業を受けて問題集を解いて、暗記に精を出す…ということだけでなく、試験日までに覚えるべきことを覚え、コツを掴み、対策をきちんと行うということが重要です。
試験に向けて毎日の勉強を管理するというのが、予備校の持つ大きな意味であるといえます。試験日前日には、準備を完璧に終えることができるようサポートするのが、予備校の役割なのです。
特に、試験で高い点数を獲得することを求められる医学部を目指す場合は、管理体制がしっかりしている予備校を選ぶ必要があります。
「医学部専門」という看板を掲げている予備校は少なくありませんが、信頼できるところを選ぶには、「管理体制」に目を向ける必要があります。
「予備校がどれほど学生に寄り添ってくれるか」という点に注意して見ると、そのことはハッキリ分かるでしょう。
たとえば集団学習以外にも、必要な場合は「個別指導」をしっかりとしてくれる予備校。
一人ひとりの進み具合に合わせて個別に指導してくれる、一人ひとりの勉強をしっかりと管理してくれる予備校を選ぶことで、医学部への道はより確実なものになっていくのです。
入学する前に、それぞれの予備校の「学習システム」をチェックすると、個別指導の有無は確認することが出来ます。